交通事故の基礎知識

あなたの慰謝料、保険会社の提示額のままで大丈夫ですか?

交通事故の示談交渉に挑むには、ある程度の知識が必要です。

 

知識がなければ、有利に交渉を進めることはできませんし、慰謝料も保険会社の提示した金額以上は交渉できません。

 

ですから、被害者も最低限の知識を頭にインプットしておかないと、保険会社の言いなりになってしまいます。

 

ちなみに、裁判所は、原告が求めた金額以上の賠償金の支払いを命じてはいけないことになっています。

 

つまり、慰謝料を増額できる可能性があっても、それを知らずに低い金額で請求してしまうと、本来得られるはずの賠償金が得られないことになります。

 

 

当サイトでは、交通事故の損害賠償手続きに関する基礎知識を中心に、事故発生から示談解決までを解説していきます。

良く読まれる記事

自賠責保険と任意保険

交通事故に関する保険といえば、「自賠責保険」と「任意保険」が一般的です。

≫詳細ページ

加害者が任意保険に未加入

任意保険には加入をする義務がありません。なので、加害者が加入をしていない場合もあります。

≫詳細ページ

保険会社の提示額に納得いかない

一般的には加害者が加入をしている保険会社のほうから賠償金の提示があります。

≫詳細ページ

弁護士に依頼する場合

交通事故の交渉を弁護士に依頼をする場合ですが、もちろん弁護士費用が必要になります。

≫詳細ページ

治療機関と症状固定

保険会社のほうから「治療を打ち切りにしてください」と言われてしまう事も。

≫詳細ページ

後遺障害が残った場合

後遺障害が残ってしまった場合は、症状固定が確定したらすぐに後遺障害等級認定の手続きをする必要があります。

≫詳細ページ